ITエンジニア

IT転職に強くて役立つ国家資格と民間資格それぞれの内容を解説!

IT転職に強くて役立つ国家資格と民間資格それぞれの内容を解説!

IT転職に強い資格、役立つ資格は何?

”11種類のIT系国家資格と5種類のIT系民間資格”

”11種類のIT系国家資格と5種類のIT系民間資格”

IT転職に強くて役立つ資格においては、大きく国家資格と民間資格に分類されます。国家資格の大まかな特徴は、製品に限定しない知識を得られる点が挙げられます。

また国家資格は民間資格と比較して、受験料が安価な傾向にあり有効期限はありません。。一方で民間資格の大まかな特徴は企業独自の製品に関連する知識、並びに技術が一定規格以上であることを認定する点が挙げられます。

受験費用は比較的高額で更新が必要であり、有効期限が設けられています。IT転職に有利な国家資格の中には、ITパスポート(IP)資格があります。

対象者はIT未経験者及び初心者になり、ITに付随する幅広い知識を中心に身に付けることを希望する人。

情報セキュリティマネジメント(SG)資格の対象者は、ITの安全に情報セキュリティの知識を身につけることにより利活用を目指す人。

基本情報技術者(FE)資格はITエンジニアの礎となる資格であり、対象者は情報処理の基本的な知識を身につけることを希望する人。

応用情報技術者(AP)資格の対象者は、将来的にIT業界において高度人材として活躍することを希望する人。ITストラテジスト(ST)資格の対象者は、企業の経営戦略にITを高度に活用し活かすことを希望する人。

システムアーキテクト(SA)資格の対象者は上級エンジニアを目指す、或いは一定のスキルをシステムエンジニアとして証明することを希望する人。

プロジェクトマネージャー試験(PM)資格の対象者は、プロジェクトメンバーを引率するマネージャーを目指す人。ネットワークスペシャリスト(NW)資格の対象者は、ネットワーク及びインフラ系それぞれのエンジニアを目指す人。

データベーススペシャリスト(DB)資格の対象者は、データベース管理者並びにインフラ系エンジニアを目指す人。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES)資格の対象者は、組込み及びIoT系エンジニアそれぞれを目指す人。

情報処理安全確保支援士(SC)資格の対象者は、セキュリティコンサルタントを目指す人。

国家資格において1番応募者が多いIT系資格は、基本情報技術者(FE)になります。

基本情報技術者(FE)はITエンジニアの登竜門に位置付けられ、ITエンジニアのキャリアを始めることを希望する人に適した資格です。

そしてIT転職に強くて役立つ民間資格としては、AWS認定試験資格が挙げられます。対象者はAmazonのクラウドサービスに、必要な知識及びスキルの習得を希望する人。

オラクルマスター資格の対象者は、オラクルデータベースにおける管理スキルの習得を希望するエンジニア。

Java SE 11 認定資格(Oracle)資格の対象者は、プログラミング言語 Java におけるスキルの習得を希望するエンジニア。

Microsoft認定資格プログラムの対象者は、マイクロソフト製品を対象とした知識並びに技術の習得を希望する人。

シスコ技術者認定プログラム資格の対象者は、Cisco製品に付随する知識とネットワーク技術などの習得を希望する人などになります。

”IT系それぞれの資格受験日程と試験難易度”

IT転職に強くて役立つ国家資格は、試験の日程と難易度などを心得ておく必要があります。

ITパスポート(IP)資格の試験日程は、随時になり試験難易度は合格率51.7パーセント。

情報セキュリティマネジメント(SG)資格の試験日程は4月第3日曜日、或いは10月第3日曜日などの年2回になりいずれの試験難易度も合格率49.4パーセント。

基本情報技術者(FE)資格の試験日程は4月第3日曜日、もしくは10月第3日曜日などの年2回になりいずれの試験難易度も合格率25.7パーセント。

応用情報技術者(AP)資格の試験日程は4月第3日曜日、或いは10月第3日曜日などの年2回になり試験難易度は共に合格率22.3パーセント。

ITストラテジスト(ST)資格の試験日程は、10月第3日曜日の年1回になり試験難易度は合格率15.4パーセント。

システムアーキテクト(SA)資格の試験日程は、10月第3日曜日の年1回になり試験難易度は合格率15.3パーセント。

ネットワークスペシャリスト(NW)資格の試験日程は、10月第3日曜日の年1回になり試験難易度は合格率14.4パーセント。

データベーススペシャリスト(DB)資格の試験日程も、4月第3日曜日の年1回になり試験難易度は合格率14.4パーセント。

エンベデッドシステムスペシャリスト(ES)資格の試験日程も、4月第3日曜日の年1回になり試験難易度は合格率16.0パーセント。

情報処理安全確保支援士(SC)資格の試験日程は4月第3日曜日、並びに10月第3日曜日などそれぞれ年2回になり試験難易度は共に合格率19.1パーセントなどになります。

主なIT系民間資格の試験日と難易度において、AWS認定試験資格の試験日程は随時になり試験難易度は非公開。

試験内容においては基礎レベルの認定をはじめアソシエイトレベルの認定と、プロフェッショナル認定や専門知識認定などがある。

オラクルマスター資格の試験日程は、随時になりス試験難易度は非公開。

レベル別にBronze DBAをはじめSilver DBAと、Gold DBAやSilver SQLなどがありGold DBAである場合はSilver DBA取得が条件。

Java SE 11 認定資格(Oracle)の試験日程は随時になり試験難易度は非公開。

注意点としてレベル別にBronze、及びSilverとGoldなどに分かれている。

Microsoft認定資格プログラムの試験日程も、随時になり試験難易度は非公開。

Fundamental認定資格とAssociate認定資格や、Expert認定資格の3つのレベルに分かれている。

シスコ技術者認定プログラム資格の試験日程は随時になり試験難易度は非公開。

アソシエイトをはじめとしてスペシャリストとプロフェッショナルやエキスパートなどの4つのレベルがあります。

◆これからの時代でIT転職に役立つ資格とは?

◆これからの時代でIT転職に役立つ資格とは?

これからの時代を生きる中でIT転職に役立つ資格とは、どのような資格でしょうか?IT転職で重宝される資格は非常に多く存在しております。

その中で、これから確実にIT転職をする中で、特に官公庁に強い資格を紹介させて頂きたいと思います。

これからの新しい時代を生きていく中でIT転職が必須になる時代で、多種多様に展開されている情報系資格では、官公庁をメインに考えた場合、どのような資格が有効となってくるのでしょうか?

確実に基礎点や保有しているだけで加算点がある資格について紹介させて頂きたいと思います。

■ITパスポートについて

ITパスポートと言う資格について、一度は聞かれたことはあるのではないでしょうか?

ITパスポートは資格自体について、知っている方々は学生の方々が多いと思います。

なぜこの資格に注目させて頂いたかと申しますと、IT企業に就職する新卒や転職組でも注目される資格となっているからです。

企業によっては、加算点がありまして、無料でのアプリも多いことが、受験者数が多いことを印象付けている試験であると言えます。

ITパスポートでの強みとしましては、簡単な選択肢だけの問題だけで構成されていると言うことです。

これが、レベルが上がりました基本情報技術者や、応用情報技術者でありますと、簡単な選択肢だけの問題としましては、午前問題となりまして、受験者を超絶ふるいにかけられる午後問題と言う凶悪な、長い文章問題が待ち受けておりますので、それを回避するためにも、まずは、文系の方々では、まったく太刀打ちできない状況から、情報系の内容を頭に馴染ませるためにも、情報系の用語を頭にインプットさせるためにも、まずは、基本情報技術者応用情報技術者を取得されようと言う方々で、まったく情報についての知識がない方は、ITパスポートから頭を鍛えると言う意味で入門的な意味合いで、取得される方々が多いので、是非、基本情報技術者や、応用情報技術者の取得を目的とされている方々につきましては、ITパスポートを取得して頂きたいと思います。

ITパスポートを受験して合格できるレベルに持っていくことができましたら、基本情報技術者や応用技術者の勉強内容がスルスルと頭の中に入ってくる形となります。

■基本情報技術者について

多くの企業でも保有しているだけで加算点を頂くことができる内容として、基本情報技術者が最近では、注目を集めております。

基本情報技術者の素晴らしい所は、民間企業では、純粋な加算点として見られることが多いですが、官公庁では、特定の階級からスタートできる最高の資格となります。

具体的には、自衛隊であれば、技術海曹と言う区分で、3等海曹として、受験する部分としての、受験できる要件を満たせる形となります。

警視庁では、資格経歴等の評定で、その他 「体力」「情報処理」「語学」に類する資格経歴等その他警察官の職務執行に有用な資格経歴等に該当する可能性がありますので、是非、興味のある方々につきましては、調べて頂きたいと思います。

その他でも一部の自治体等で加算点として、評価される可能性があります。

■応用情報技術者について

基本情報技術者よりも、更に難易度が高い応用情報技術者でありますが、基本情報技術者でも応用情報技術者でも合格者の割合としましては、どちらも3割前後です。

なぜ、3割前後になってしまうのか?推移してしまうのか?と言う状況でありますが、基本情報技術者では、午後問題にプログラミングの内容を問う問題が多く、多くの文系者が落とされてしまうと言う現状であります。

応用情報技術者につきましては、その文章問題の難易度の高さから、多くの方々がふるいにかけられていると言う状況になります。

しかし、難関を乗り越え、応用情報技術者を取得しましたら、民間企業、官公庁でかなり加算点として評価されるべき資格となります。