看護師

40代は不可能?それでもできる40代の転職成功のコツ

40代は不可能?それでもできる40代の転職成功のコツ

40代の看護師のイメージとはどんなものでしょうか。
中堅層でバリバリ働いている、認定看護師や専門看護師の資格を取得して専門的に働いている…そんなイメージを持つことが出来ますが、そのイメージに当てはまる人というのは、ほんの一握りだといえます。

40代の転職成功<看護師>

40代の転職成功<看護師>

確かに看護学校や看護大学を卒業し年月を経過していれば、中堅層でバリバリ働く年代です。

しかし40代の看護師は、結婚や出産を乗り越え、何とか家庭と育児をやりくりして勤務をこなしているという人も多く、みんなが仕事だけに集中しているわけではありません

また認定看護師や専門看護師は、同じ診療科で長年働き、学ぶ意欲やスキル向上意欲がなければ目指すことはできませんし。

そのため、著者を含め40代看護師のイメージというのは、何とか仕事をやりくりしているというのが本来の姿に近いのかもしれません。

そんな中で40代看護師が考えるのが転職です。今よりも良い条件の職場はないか、もっと働きやすい職場はないのだろうかと転職を目指すことも少なくありません。

40代というのは体力的にもきつくなってくる年齢ですし、もしかすると物覚えも悪いかもしれません。また育児と仕事の両立でいろいろな仕事の調整が必要になるかもしれません。

そう考えると、やはり自分の働き方への希望を明確にして、それにマッチするような転職を探すのが一番なのです。

では、どのように自分の希望にあるような職場を見つけることが出来るのでしょうか。それはやはり40代の転職に特化した転職サイトを選択するべきでしょう。

しかし、40代に特化した転職サイトというのはなかなか見つかりません。そこで転職サイトに本格的に登録する前に、40代看護師の利用率や転職成功率を調べてみるといいのです。

もしもその転職サイトに40代の看護師の登録が多い、マッチングで転職を成功させているという場合は、自分の転職成功率も期待できるのではないでしょうか。

もう一つの40代の転職成功のコツとしては、どんな条件を優先順位の上位として転職先を選ぶのかを明確にすることです。

育児と仕事を両立する場合、これから将来的なことを考えると、まだまだ経済的な不安があるでしょう。子供の進学などに備え貯蓄をしたい、そのためには給料が高いほうがいいと希望するはずです。

しかし給料がよいところというのは、残業が多いことや夜勤があるといった体力的なきつさがある職場であることも少なくありません。

夜勤があるということは、多少なりとも生活リズムが乱れる可能性もあります。そのため、給料を取るのか、働きやすさで職場を選ぶのか迷う人が多いのです。

実際、子供にお金がかかるからといって夜勤のある転職先を選び、体調を壊して休職をする、そのままやめてしまうという人も少なくありません。給料の良さを求めて転職したのに休職や退職をしてしまうのは本末転倒ですね。

そこでもしも体力的に自信がない人、そして夜勤をすることで生活リズムが崩れることを不安に思う人は、まず日勤の仕事を選択するのがおすすめです。なぜなら日勤ばかりだと生活リズムを整えやすいのが一番のメリットです。

そのため転職した後に体調を崩すことなく、仕事に慣れることができ、継続的に働くことが出来るのではないでしょうか。40代の転職成功のコツは、給料よりも働きやすさを重視するほうが良い選択だと考えます。

まとめ

まとめ

もしもこれまでの経験や新しく転職した場所での勤務ぶりを見てきちんと評価されると、入職時は基本給が安くて不満と思っていても、次第に昇給して基本給があがる可能性があります。

そのため、まずは給料よりも働きやすさを重視して選ぶことが転職成功のコツになります。