転職コラム

まだまだ大丈夫!40代の転職成功のコツについて紹介!

まだまだ大丈夫!40代の転職成功のコツについて紹介!

40代の転職のコツ

40代の転職のコツ

40代での転職は難しいと考えている人が多くいらっしゃるかもしれません。

しかしうまく転職会社などを使っていきながら、リサーチして転職活動していけば、40代での転職も成功させることが可能です。

平成27年のデータでは、転職40代の転職の36%の人が年収は下がっており40%の人は年収アップしているというデータがあります。

どのような転職活動をするかによって、転職が成功するかどうかが決まっていきます。

それまで働いてた業界と違った業界、職種を選んでしまうと、年収が下がる可能性がありますが、会社によっては新しい視点を取り入れたいと異業種からの採用も積極的な会社はあります。

40代の転職を成功させるには、いかに自分のスキルをアピールするとともに、仕事に対応できるということも伝える必要があります。

それまでのスキルを活用し、会社に反映させてことはプラスですが、あまりに前の会社の仕事に固執してしまうと、採用しづらくなってしまいます。

それまでのスキルで行うのではなく、どういった能力があるのかということを伝えていく必要があるでしょう。

また自分の持っているスキルや経験がどのような分野や職種において、高い評価を得られるのかということも知っておく必要があります。

必ずしもそれまで働いていた業界・業種と関係してない業界でも、活躍できる可能性があるためしっかりとしたリサーチが必要となるでしょう。

転職サイトを上手く利用する

転職サイトを上手く利用する

また転職サイトやコーディネーターは複数活用していくと良いです。一つの転職サイトに限ってしまうと、転職先の選択肢が狭まってしまいます。

そこで複数の転職サイトに登録し、活用していくことで自分の可能性が大きく広がっていきます。

40代の転職活動ということで、十分に広い選択肢を持っていくことは、とても大切なポイントです。

40代での転職というのは、会社におけるマネジメントを任せられることが多いでしょう。そのためマネジメント能力をしっかりと身につけ、アピールしていくことが大事です。

上司や部下とのコミュニケーションをしっかり取ることが、できることも大事になってくるでしょう。セミナーや講座、書跡などでしっかりとスキルを学び、会社で実践していくことが望まれます。

40代の転職活動で注意すべきこと

40代の転職活動で注意すべきことは、転職に関する希望をこだわらないことが大事です。それまでのスキルを活用したいというころがあるかもしれませんが、あまりに希望にこだわってしまうと、転職できないことがあります。

自分のスキルを生かせれば一番いいですが、新しい環境になじんでいくことも想定していくと良いでしょう。

また、40代の転職活動により、年収が下がる可能性があることも知っておく必要があります。しかし、40代ということで、会社に入ってから、実績を上げれば、年収アップの可能性もあります。

40代前半の平均年収は、582万円程度です。これが、40代後半になると629万円まで上がります。年齢が上がるほどに年収も上がるため、転職はしづらくなってきます。

これは、年収が高いのが原因で、会社側も扱いづらいということがあるからです。転職活動する際は、ある程度の年収が下がることは条件として入れておいたほうがいいかもしれません。

また、40代の転職活動で活用していくといいのが資格を取ることです。転職先の業界に関係した資格を取っておくといいでしょう。また、中小企業診断士などを取っておくと、セミナー講師や、経営コンサルティングなどの仕事もできるようになります。

年収アップに繋がる可能性があるので、そういった資格も取得しておくといいでしょう。

また、そのほかには、ファイナンシャルプランナーなどの資格も活躍できる場が広がっていきます。